- 「インターネットにおける『接触』について」、『第一回視聴覚文化研究会』、京都(同志社大学)、2005年9月(査読無し)

- ドゥルーズの感性論-<haptique>という言葉を中心に-」、『第七回視聴覚文化研究会』、京都(京都大学)、2007年2月27日(査読無し)

- 「ドゥルーズの感覚論―Haptiqueという概念を中心に」、『第五十八回美学会全国大会』、北海道(北海道大学)、2007年10月(査読あり)

-「どもるということ」、『日本記号学会第29回大会』、神奈川(東海大学)、2009年5月(査読あり)

- 「ヴィデオ試論」、『第八回京都美学美術史学会研究大会』、京都(京都大学)、2009年12月(査読あり)

- 「ヴィデオアートとLSD」、『テレビゲームの感性的論理—ニューメディアと文化』(神戸大学大学院教育改革支援プログラム/共催:神戸大学芸術学研究会、視聴覚文化研究会)、兵庫(神戸大学)2010年11月(招待あり)

- 太田純貴、吉田寛、河田学、『テレビゲームの感性的論理—ニューメディアと文化』(神戸大学大学院教育改革支援プログラム/共催:神戸大学芸術学研究会、視聴覚文化研究会)、兵庫(神戸大学)2010年11月(招待あり)

- 「タイムマシン/タイムトラヴェルにおける身体—H.G.ウェルズ『タイムマシン』を中心に」、『日本記号学会分科会(共催:視聴覚文化研究会)』、京都(京都大学)、2011年1月(査読無し)

- 「H.G.ウェルズ『タイムマシン』における時間概念」、『日本記号学会第31回大会』、東京(二松学舎大学)、2011年5月(査読あり)

-「メディアアートにおける『触覚』概念の研究」、『公益財団法人京都大学教育研究振興財団・成果発表会』、京都(京都大学楽友会館)、2013年2月27日(助成金交付者の代表として成果発表)

- 「メディアアート、タイムマシン/タイムトラヴェル、感覚」、『Hello, Tokyo!』、東京(Lab+Cafe)、2013年3月2日(招待あり)

- 建築家・百枝優とのトーク・セッション、『Hello, Tokyo!』、東京(Lab+Cafe)、2013年3月2日(招待あり)

- 「タイムマシン/タイムトラヴェルにおける衣服の機能について—Back to the Futureを中心に」、『第296回美学会西部会研究発表会』、大阪(関西大学)、2013年12月7日(査読あり)







- "The meaning of sense of touch in Internet" the 1st audio-visual society, Sep. 2005.

- "On the Deleuze's aesthetic theory: Astudy on the concept of 'haptique'", the 7th audio-visual society, Feb. 27, 2007.

- ‘On the Deleuze’s theory of sensation: A study on the concept of ‘haptique’
(The 58th JAPANESE SOSIETY FO AESTHETICS, HOKKAIDO, JAPAN, October 2007) (refereed).

- ‘On the stuttering in Philosophy of Deleuze’
(The 29th Japanese Association for Semiotic Studies, KANAGAWA, JAPAN, May 2009) (refereed).

- ‘On Video’
(The 8th Kyoto Society for Aesthetics and Art History, KYOTO, JAPAN, December 2009) (refereed).

- ‘Video Art and LSD: A study on Lynda Benglis’ “NOW” ‘
(Fusion Program of the Interdisciplinary Humanities in Graduate School of Humanities, Kobe University, KOBE, JAPAN, November 2010)
(not refereed).

- 'The body in Time Machine and Time Travel: On the study of H.G.Wells’ ”Time Machine”'
(The 1st sectional meeting of Japanese Association for Semiotic Studies, KYOTO, JAPAN, January 2011)
(not refereed).

- 'The concept of Time in H.G.Wells’ ”Time Machine”'
(The 31th Japanese Association for Semiotic Studies, TOKYO, JAPAN, May 2011) (refereed).